Get the latest price?

機械加工

カーボングラファイト材料の機械加工の目的は、必要なサイズ、形状、精度などを達成するために切断に依存して、使用要件を満たす電極本体と接合部を作成することです。

グラファイト電極の処理は、電極本体と接合部の2つの独立したプロセスに分けられます。

本体加工には、ボーリングとラフフラットエンド、アウターとフラットエンド、ねじ切りの3つの工程があります。コニカルジョイントの処理は、切断、フラットエンド、ターニングコーン、フライスねじ、ドリルボルト、スロットの6つのプロセスに分けることができます。

gc2.jpg

最新の価格を取得しますか? できるだけ早く返信します(12時間以内)

個人情報保護方針